オリジナル:ESGの勢いは止まらない

新たな政策支援と株主エンゲージメントが企業の成長を後押しし、ESGの勢いは止まらない。ESG資産は、2025年までに50兆ドルに達する見込みで、ESG ETFや債券の急増が成長の原動力となり、今後5年間でそれぞれ3兆ドル、11兆ドルの機会を提供しています。

このような成長と規制当局の監視の強化に伴い、グリーンウォッシュへの懸念が強まり、集中的な成長と所有によりETFの資産成長を維持することへの疑問が生じ始めています。

温暖化問題が中心となっているが、データ・セキュリティや労働慣行などの問題も重要性を増し、ESGの “S “が強調されることになるだろう。

ESG ETFの成長は記録を更新し続けていますが、その持続可能性が疑問視され始めています。資産の増加に伴い、ファンドのESG特性を理解することがますます重要になります。

レポートストレージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です