医療

経済レポート

9月末での3回目のワクチン接種意向~高年齢者と、重症化・治療への不安、ワクチンへの高評価、小6以下の子どもがいる人の意向が高い

■要旨 新型コロナウイルス感染症のワクチンの3回目の接種が始まる。現在、3回目の接種は、2回目の接種を終えた18歳以上で、2回目の接種から原則8か月以上(6か月以上も容認)1経過した人を対象とする。開始時期は、2回目までの接種を先行している医療従事者が来月、高齢者が来年1月からと発表されている。 ニッセイ基礎研究所が実施した「第6回新型コロナによる暮らしの変化に関する調査2」では、3回目以降の接種意向を尋ねている。現在のところ、3回目接種後の効果や効果の...

経済レポート

コロナ禍における保健所の機能と課題(1)-保健所の機能と通常時の感染症対策-

新型コロナウイルス感染症が拡大する中、保健所が土日や深夜まで業務に従事しているにも関わらず、濃厚接触者の特定や入院調整に課題を抱える実態がメディア等で取り上げられた1-3)。それを契機に保健所や保健師のことについて知った方も多いだろう。2003年のSARSや2007年の麻疹、2009年の新型インフルエンザなど、保健所は感染症が流行するたびに対応を迫られ、感染拡大を防ぐ役割を果たしてきた。しかし今回の新型コロナウイルス感染症では、冒頭に触れた報道にもあるとおり、従来の...

経済レポート

SARS-CoV-2のウイルス学的特徴及び感染予防対策

現在、猛威をふるう新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は、複数のウイルス型が認められており1)、その型により威力や感染傾向が異なる。2021年4月現在、日本国内に拡大するウイルスは、昨春に国内に持ち込まれたもの(従来型2))に加え、英国で増加を始めた「VOC-202012/01」、南アフリカで検出された「501Y.V2」、ブラジルからの帰国者から検出された「501Y.V3」の3種類の新規変異株(以下、変異株)が認められている。また、4月22日には最新の変異株の...

経済レポート

新型コロナ ワクチンのただ乗り ワクチン忌避をいかに減らすか?

一般に、ワクチン接種で6~7割の人が免疫を持つと、集団免疫が確立する。ただ、ワクチンには副反応がつきものだ。日経新聞の昨年末の世論調査によると、ワクチンを「ただちに接種したい」との声は約1割と少数派。7割程度の人は、「副作用の発生などの状況をみてから」。「接種したくない」との声も1割程度ある。接種には、慎重な人が多いようだ。自分がワクチンを打たずとも、周りの多くの人が打ってくれれば、自分にも感染しないはず――これは「ワクチンのただ乗り(フリーライダー)問題」と呼ばれ...

経済レポート

新型コロナ「感染症法・特措法」何が変わったかー入院措置の強化、まん延防止等重点措置等の導入

2021年2月3日、通常国会において、「新型インフルエンザ等対策特別法等の一部を改正する法律」(以下、改正法)が可決・成立し、即日公布された。すでに2月13日から施行されている。   改正法は感染症の予防及び感染症法の患者に対する医療に関する法律(以下、感染症法)、新型インフルエンザ等対策特別措置法(以下、特措法)など11本の法律を改正したものである。   本稿では、改正法のうち感染症法と特措法の概要を解説する。なお、感染症法は感染症の患...

経済レポート

新型コロナ「特措法・感染症法等」改正でどう変わったか-2021年2月13日に施行された改正法の概要

■要旨 2021年2月3日、感染症法や新型インフルエンザ等特措法等を一括して改正する法律が国会で可決、成立し、即日公布された。施行は2月13日である。   改正感染症法のポイントは、(1)積極的疫学調査の実効化、(2)入院措置についての改正、(3)厚生労働大臣と都道府県知事の権限強化である。(1)の積極的疫学調査の強化については患者(無症状の感染者等を含む)に対して協力に応ずべき義務を課すこととした。また、(2)新型コロナ患者のうちで重症化の懸念...

経済レポート

新型コロナワクチンの接種にあたって知っておくべきこと-予防接種法の概要

新型コロナが収束したと言えるのはどのような状況になったときであろう。新型インフルエンザ等対策特別措置法(特措法)を参考にすると、新型コロナが弱毒化し、季節型インフルエンザ並み以下になるか、あるいは集団免疫を獲得したときかである(特措法第21条)1。 弱毒化の兆候はないので、集団免疫獲得を期待するほかはない。しかし、自然感染によるものはスウェーデンでうまくいかなかったことから、結局、ワクチンの接種に頼るほかはないことになる。 ワクチン接種については、予防接...

経済レポート

新型コロナ「特措法改正案」何が変わるのか-重点措置と過料の導入、財政支援の明記

2021年1月25日、厚生労働省HPにおいて新型インフルエンザ対策特別措置法(特措法)改正案(以下、改正法案)が掲示された1。本稿ではこれをもとに、改正法案の概要を解説することとしたい。主な改正点は図表1の通りである。まず、①の定義の改正であるが、現在、新型コロナは法律の附則により特措法適用が行われており、時限的にのみ適用されるものとなっている。改正法案では新型コロナも定義上「新型インフルエンザ等」に含まれるものとされ、恒久的に特措法を適用できる(改正法案第2条第1...

新型コロナ 集団免疫論の是非ーワクチンがなくても、集団免疫は確立できるか?

新型コロナウイルスの感染拡大が始まってから約11ヵ月。まだ終息のめどは立たない。   こうした中で、9月にブラジルの一部地域で、「集団免疫」を達成して感染が自然に終息に向かうという報告がなされた。自然感染に委ねることで、本当に集団免疫は確立するのか?考えてみたい。まず、そもそも集団免疫とはなにか。これは、集団内に免疫を持つ人が多ければ、感染症が流行しにくくなることを利用した感染拡大防止の考え方だ。具体的には、ワクチン接種等により、免疫保持者を一定割合ま...