欧米保険事情

経済レポート

ドイツの生命保険監督を巡る動向(2)-BaFinの2020年Annual Reportより(生命保険会社の監督及び業績等の状況)-

■要旨 前回のレポートでは、ドイツの保険監督官庁であるBaFin(Bundesanstalt für Finanzdienstleistungsaufsicht:連邦金融監督庁)の2020年のAnnual Reportの「スポットライト(Spotlights)」の章に記載されている項目の中から、主として生命保険の監督に関するトピックについて報告した。また、併せて、BaFinの保険・年金基金監督部門の最高責任者であるFrank Grund博士のインタビ...

経済レポート

2020年世界の生保業界におけるM&A、事業再編等の動向-コロナ渦中、世界の生保会社はどう動いたか-

■要旨 新型コロナウイルス感染症の猛威にさらされ続けた2020年にも、世界の生保業界におけるM&Aは、件数、取引規模とも、対2019年で増加した。 低金利環境の中、ノンコア事業の売却、ランオフの動きは継続しており、事業撤退や事業売却と関連のあるM&A案件は多かった。 生損保事業をあわせ行っていたマルチライン保険グループが一方の事業を切り離す事例も目立った。 また買い手の側に非伝統的な買収者が増加した。 生命保険M&Aの非伝統的な買収者は...

経済レポート

ドイツの生命保険監督を巡る動向(1)-BaFinの2020年Annual Reportより(スポットライト)-

■要旨 ドイツの生命保険会社の状況や業界が抱える課題及びこれらの課題に対するBaFinの考え方等についてはこれまでもいくつかのレポートで報告してきた。 昨年度は、BaFinの2019年のAnnual Report等に基づいて、ドイツの生命保険業界の監督に関するBrexitや欧州保険監督機関の改革、デジタル化、低金利環境といったトピックやソルベンシーIIレビューを巡る状況、ソルベンシーIIがスタートしての4年間を踏まえての、ソルベンシーIIを巡るドイツの現...

経済レポート

英国におけるソルベンシーIIのレビューを巡る動向(その2)-Brexit後の英国での検討の動き-

■要旨 英国は2020年2月1日にEUから離脱したが、2020年12月31日までは移行期間としてEU法が適用されてきた。これまでEU加盟国として、EUのソルベンシーII制度下にあった英国であるが、2021年からは、独自の新たな規制を構築していくことが可能になっている。 前回と今回のレポートでは、英国におけるソルベンシーIIのレビューを巡る動向について、英国がどのような問題意識を有して、どのようなプロセスで、ソルベンシーIIのレビューを進めようとしているの...

経済レポート

英国におけるソルベンシーIIのレビューを巡る動向(その1)-Brexit後の英国での検討の動き-

■要旨 英国は2020年2月1日にEUから離脱したが、2020年12月31日までは移行期間としてEU法が適用されてきた。これまでEU加盟国として、EUのソルベンシーII制度下にあった英国であるが、2021年からは、独自の新たな規制を構築していくことが可能になっている。 これまで、EUにおけるソルベンシーIIのレビューを巡る動向について、多くのレポートで報告してきたが、英国も独自に(英国における)ソルベンシーIIのレビューを進めている。今回と次回のレポート...

経済レポート

IFRS第17号(保険契約)を巡る動向について-割引率に関する基準の評価等-

■要旨 保険契約のための新たな国際的な会計基準である「IFRS第17号(保険契約)」については、IASB(International Accounting Standards Board:国際会計基準審議会)が、2017年5月18日に基準の最終案を公表し、その後2020年6月25日に修正基準を公表して、その基準内容が確定した状況になってから、1年以上が過ぎた。IFRS第17号は、2023年1月1日からの適用が想定されている。 前回の保険年金フォーカスでは...

経済レポート

IFRS第17号(保険契約)を巡る動向について -EU、英国及びIASBにおける検討状況-

■要旨 保険契約のための新たな国際的な会計基準である「IFRS第17号(保険契約)」については、IASB(International Accounting Standards Board:国際会計基準審議会)が、2017年5月18日に基準の最終案を公表し、その後2020年6月25日に修正基準を公表して、その基準内容が確定した状況になってから、1年以上が過ぎた。IFRS第17号は、2023年1月1日からの適用が想定されている。 EUを始めとしたIFRS(国...

経済レポート

カナダの生命保険会社に対する資本規制を巡る動向-OSFI(金融機関監督庁)の対応-

■要旨 カナダの保険監督当局であるOSFI(Office of the Superintendent of Financial Institutions:金融機関監督庁)は、カナダの連邦制によって規制された金融機関と年金制度の健全性規制及び監督に対して責任を負うカナダ政府の独立機関だが、昨今の国際的な保険資本規制であるICS(保険資本基準)策定の動きや国際的な保険会計基準であるIFRS第17号(保険契約)の策定を受けて、カナダの資本規制の見直しを検討している。...

経済レポート

欧州大手保険Gの内部モデルの適用状況について-2020年のSFCRからのリスクカテゴリ毎の標準式との差異説明の報告-

■要旨 欧州の保険会社各社が4月から5月にかけて公表した単体及びグループベースのSFCR(Solvency and Financial Condition Report:ソルベンシー財務状況報告書)については、これまで5回の保険年金フォーカスで報告してきた。具体的には、1回目のレポートでその全体的な状況について報告し、2回目のレポートでは、欧州大手保険会社グループ各社の長期保証措置や移行措置の適用の影響、3回目のレポートでは、SCRやMCRの計算方法の説明、4...

経済レポート

欧州保険会社が2020年のSFCR(ソルベンシー財務状況報告書)を公表(4)-SFCRからの具体的内容の抜粋報告(その3)-

■要旨 欧州の保険会社各社が4月から5月にかけて公表した単体及びグループベースのSFCR(Solvency and Financial Condition Report:ソルベンシー財務状況報告書)については、これまでのレポートで、長期保証措置と移行措置の適用による影響及びSCRとMCRの計算方法の説明等について報告した。 今回のレポートでは、欧州大手保険グループのSFCR(含むQRTs(定量的報告テンプレート))の内容等から、内部モデルの使用状況及び(...