社会保障全般・財源

経済レポート

分配なくして成長なし

今秋の衆院選における政策議論の中で「分配なくして成長なし」という主張が、与野党双方から類似した形で聞かれた。新型コロナの影響だけでなく、少子高齢化によって経済成長が停滞する中では、分配による経済への刺激が重要であることは言を俟たない。 現状では、一般的な所得が低迷しているだけでなく、税金や社会保険料の負担も軽いものではない。また、消費税が逆進性を帯びた課税方法であることも間違いない。所得再分配システムの見直しによる消費の活性化が着目され、期待されるのも当然であ...

経済レポート

2021年度の社会保障予算を分析する-新型コロナ対策の影響で規模拡大、介護報酬は微増

■要旨 2021年度政府予算案が昨年末、閣議決定され、1月18日に召集された通常国会で審議される。新型コロナウイルス対策の影響を受け、一般会計の規模は前年度当初比で3.8%増の106兆6,097億円となり、消費増税対策で臨時的に膨らんだ2019年度、2020年度に続き、100兆円を突破した。さらに、歳入を見ると、コロナ禍による景気の落ち込みで税収が9.5%減る一方、建設国債を含む国債の発行額は33.9%増の43兆5,970億円に増え、財政収支は一層、悪化した。...